Broadcast. This is SSL.

Production Assistants

Integration and automation of key broadcast tasks.

SSL C-Play - Dual player cart style audio playout built into the console surface

C-Play

シー・プレイ

オーディオプレイアウト機能を内蔵

C-Play は C100 HD PLUS と C10 HD PLUS に内蔵できるオーディオファイルプレイアウト機能です。

日々の放送や収録で使用するスポット(効果音)や音楽のオーディオファイルを再生する機能はスタジオでは必須のものとなっています。
これまでエンジニアは番組ごとにコンソールのセットアップとは別にオーディオファイルプレイヤーや他の再生機をセットアップしていました。C-Play によってそれらは全てコンソールに統合され、コンソールのセットアップファイル "Project" を通常通り呼び出すことによって全てのセットアップが完了し、プレイアウトの操作は全てコンソール上で行うことができます。

C-Play は、2つの独立したプレイヤーシステムです。ひとつは 5.1フォーマットのオーディオファイルにも対応し、もうひとつはステレオフォーマットのオーディオファイルに対応しており、それぞれ独立して別々のチャンネルに割り当てることができます。
プレイヤーが割り当てられたチャンネルのメーターには、現在選択されているファイル名、ファイルの長さ(時間)、再生状態が表示されます。オーディオファイルはネットワークストレージに保存されたライブラリーやフォルダーから一括で転送できます。カットクリエイション機能と呼ぶエディット機能により元のファイルを破壊すること無くイン・アウトポイント、クロスフェード、ループといった編集を行ったものを再生することもできます。

プレイヤーはそれぞれ独立して3つのモードで使用できます。

V-Cartモード : センターセクションのタッチパネル画面上に使用できる全てのオーディオファイルが表示され、それらをポット (プッシュスイッチ付きシャフトエンコーダー) で選択し、ポットを押すことで再生・停止します。
Free Playモード : センターセクションのタッチパネル画面上に1ページ当たり16個のボタンがあるパッドスクリーン (最大6ページ) が表示され、それらに任意に割り付けたオーディオファイルを、パッドをタッチすることで再生します。
2つのプレイヤーを相互に行き来して操作できますので、大量のサウンドパレットとして使用できます。
Play Listモード : オーディオクリップを任意の順番(リスト)で再生可能です。複数の PlayList を作成可能です。

これらの機能はタッチパネル画面のみならず、フェーダーやスイッチ、GPIO による外部からの制御でも操作でき、自動放送システムなどと統合して使用できます。

全てのファイル、プレイリスト、ファイルやプレイリストのチャンネルへの割り付けなどはコンソールの他の設定と共に Project に保存され、いつでも呼び出すことができますので、セッションの転換によるセットアップの変更も瞬時に行えます。

各種オプション:

  • コンソールのサーフェスにオーディオファイル再生機能を統合
  • 全てのセットアップは番組ごとに "Project" に保存
  • 2つの独立した ‘プレイヤー ’ :: ひとつは 5.1、もうひとつはステレオファイルを再生
  • チャンネルのメーターに名前、ファイルの長さ、再生状態を表示
  • ファイルはネットワークから転送でき、一括転送にも対応
  • タッチスクリーンとポットを使用し素早いファイル操作が可能
  • タッチスクリーン、ポット、スイッチ、フェーダー、GPI によるプレイアウト操作
  • 3つのプレイモード
    • ‘V-Cart’; カートから任意のファイルを選択して再生
    • ‘FreePlay’; 16個のタッチスクリーン・ボタンに割り付けたファイルをダイレクトに再生。最大16個のファイルを同時に再生可能
    • ‘PlayList’; 任意に作成したシーケンスでクリップをプレイでき、コンソール上のSWや、フェーダースタート、GPI 経由で外部からもコントロールが可能
  • エディット機能により元のファイルを非破壊でスタート・ストップ点、フェードやループの作成が可能