SSL Live. L200 Absolute Power and Ultimate Flexibility.

Architecture

L200 Architecture

必要なところに必要なだけ

L200 の処理能力の割り振りと I/O の構成はとてもフレキシブルです。
コンソールには最大 600 チャンネルの入出力を接続でき、96kHz で 144 系統のミックスパスを持っています。このパスはチャンネル、ステムグループ、Aux、マスターに必要なだけ割り振りでき、それぞれをモノ、ステレオ、LCR、4.0、5.1 にフォーマットできます。モノはパスを1つ、ステレオはパスを2つ消費するという考え方です。144 系統のパス全てが完全なプロセッシングを実装しています。また、インサートエフェクトは自動的に割り振られる専用のプロセッシングによって処理されます。
L200 のアウトプットマトリックスは 4×32 の入力と24の出力を持っています。24 のマトリックスアウト全てに HPF と LPF、4バンド EQ、最大2秒のディレイ、そして独自のオールパスフィルターが装備されています。さらに内蔵のエフェクトや外部機器を接続できるインサートポイントが2系統装備されています。