SSL Live I/O Ecosystem A powerful, versatile combination of high bandwidth Dante and MADI I/O

Overview

SSL Live コンソールには、アナログ、AES/EBU デジタル、MADI そして Dante に対応した多様な I/O ユニットが用意されています。コンソールとステージボックスとの接続には MADI か Dante を使用します。ゲインコントロールなどのリモートコントロール信号もそれら MADI または Dante の接続に含まれています。シンプルな接続では、一般的な同軸ケーブルによる MADI でコンソールとアナログまたは AES/EBU デジタルのステージボックスとを接続します。

ML32.32 - MADI Analogue Stagebox

Analogue Stagebox

ML32.32 は、5U サイズのボックスに二重化電源を搭載した 32 系統の SSL SuperAnalogue™ Mic/Line 入力と 32 系統のアナログ Line 出力をフロントパネルに実装したユニットです。大規模なシステムには複数のユニットを同時に使用できます。

リモートで ON/OFF できる +48V を全てのチャンネルに装備しています。AD/DA はこのユニット内で行われ、標準で二重化として使用できる2ペアの同軸コネクターによる MADI I/O が背面パネルに実装されています。複数の SSL コンソールとの接続による I/O のシェアリングは、MADI I/O ポートを増設することで可能となります。また、オプションで 32 系統のマイクスプリットアウトを背面に出すことも可能です。背面にはサンプルレート・クロック設定ボタンとワードクロック入出力、MIDI と GPIO のコネクターも装備されています。

※アナログステージボックスは、インプットのみ (ML I 32) やアウトプットのみ (ML O 32 ) など全5つのタイプからお選び頂くことが可能で、必要な I/O 数に合わせて構成できます。

D 32.32 - MADI AES/EBU Digital Stagebox
D 32.32 AES Digital Stagebox Front
AES Back
AES/EBU Digital Stagebox

D32.32 は 2U サイズの AES/EBU デジタルステージボックスです。16 系統の AES/EBU ペアの入出力がフロントパネルに XLR コネクターで装備されています。

このユニットは標準の 96kHz オペレーションレートから他のレートに変換できるサンプリングレートコンバーターを装備しています。 背面はアナログステージボックスと全く同一で、サンプルレート・クロック設定ボタンとワードクロック入出力、MIDI と GPIO のコネクターも装備されています。

BL II.D - Blacklight II MADI Concentrator
BL II.D Blacklight II MADI Concentrator Front
BL II.D Blacklight II MADI Concentrator Back
Blacklight II MADI Concentrator

この 2U のユニットは、二重化された 2 系統の Blacklight II 高規格 MADI フォーマットをフロントパネルに装備し、ひとつの接続で 96kHz、256 チャンネルの双方向の信号を伝送でき、コンソールとリモートとの間で取りまわす回線数を節約できます。

背面パネルには 8 系統の同軸 MADI コネクターが装備され、アナログや AES デジタルのステージボックスを自由に組み合わせて接続し、コンソールとの間を伝送したり、リソースのシェアリングが行えます。

MADI-Bridge - MADI to Dante Interface
SSL Network I-O Madi-Bridge
SSL Network I-O Madi-Bridge
MADI to IP Audio Network Interface

SSL Network I/O: MADI-Bridge は、Dante IP オーディオネットワークと MADI とを変換するユニットです。ユニットには SRC を内蔵しており、32ch @ 96kHz のオーディオを 48kHz の Dante IP オーディオネットワークに供給できます。

MADI 、Ethernet ポート、電源は全て二重化されており、Split モードを使用して2系統の 96kHz MADI 信号を 48kHz Dante ネットワークとやり取りできます。
またフロントパネルにはモニター用のヘッドフォン出力も装備されています。

Key Features

  • MADI と IP オーディオネットワークとのインターフェイス
  • 放送仕様の二重化された電源、MADI ポート、Dante ポート、クロックソース入力
  • 44.1kHz から 192kHz までの非同期の MADI 信号を扱える双方向のサンプリングレートコンバーター
  • 32Bit MADI コントロール・トンネリング
  • GPIO によるタリー信号をネットワークで伝送
  • 二重化されたネットワーク・エクステンションポートによる、Network Switch を介さない I/O 拡張
  • Dante ネットワークに接続する他の MADI デバイスに供給できる Wordclock アウト
  • バーチャル・ヘッドフォンパッチは MADI In、MADI Out、Dante In、Dante Out の任意のポイントをモニタリングが可能
  • フロントパネルロック機能により、不慮の操作ミスを防止
SB32.24 - Dante Analogue Stagebox

SB32.24 は、5Uサイズのボックスに二重化電源を搭載した 32 系統の Mic/Line 入力と 16 系統のアナログ Line出力、8 (モノラル) 系統の AES/EBU デジタル入出力を扱うユニットです。二重化に対応した1ペアの RJ45 ポートにより Dante で接続でき、さらにユーザーオプションの SFP ポートに RJ45 または光ファイバーを接続してネットワークの拡張や、“Split” アウトを Dante に対応した別のコンソールや他のネットワークへ送るといった目的で使用できます。

各入力チャンネルには個別に入力信号インジケーターやクリップインジケーター、+48V の LED が装備されており、さらに全体としてシステム、電源、Network A 及び B のステータス表示が装備されています。SB32.24 は96kHz での動作にも対応しています。

SBi16- Dante Analogue Stagebox

SB i16 は、2U のユニットで 16 系統の Mic/Line 入力を持っています。

SB i16SB 8.8 両方ともに二重化に対応した Dante のための1ペアの RJ45 ポートと1ペアの拡張用 RJ45 ポートを持っており、4 系統の GPIO ポートと二重化された電源を装備しています。

各入力チャンネルには個別に入力信号インジケーターと +48V の LED が装備されており、さらにコンソール側から指示できるアテンション LED も装備されています。また、アナログ回路に内蔵されたリミッターと、ゲインに合わせて自動的に Pad を動作させる "Auto Pad" 機能を装備しています。
Auto Pad は Pad を使用したくなる低いゲイン値で自動的に動作し、マイクゲインの可変域を拡張して連続的にゲインコントロールを行うことができます。オーディション機能は個々のチャンネルの入力をネットワークを介して ( SSL コンソールまたはアプリケーションを使用して) ルーティングを行うことなくモニタリングできる機能です。96kHz での動作にも対応しています。


SB8.8- Dante Analogue Stagebox

SB 8.8 は、2U のユニットで 8 系統の Mic/Line 入力と 8 系統の Line 出力を持っています。

SB i16SB 8.8 両方ともに二重化に対応した Dante のための1ペアの RJ45 ポートと1ペアの拡張用 RJ45 ポートを持っており、4 系統の GPIO ポートと二重化された電源を装備しています。

各入力チャンネルには個別に入力信号インジケーターと +48V の LED が装備されており、さらにコンソール側から指示できるアテンション LED も装備されています。また、アナログ回路に内蔵されたリミッターと、ゲインに合わせて自動的に Pad を動作させる "Auto Pad" 機能を装備しています。
Auto Pad は Pad を使用したくなる低いゲイン値で自動的に動作し、マイクゲインの可変域を拡張して連続的にゲインコントロールを行うことができます。オーディション機能は個々のチャンネルの入力をネットワークを介して ( SSL コンソールまたはアプリケーションを使用して) ルーティングを行うことなくモニタリングできる機能です。96kHz での動作にも対応しています。