L200 Plus

Power and control

Architecture

What you need where you need it.

L200 の処理能力の割り振りと I/O の構成はとてもフレキシブルです。
コンソールには最大 600 チャンネルの入出力を接続でき、96kHz で 144 系統のミックスパスを持っています。このパスはチャンネル、ステムグループ、Aux、マスターに必要なだけ割り振りでき、それぞれをモノ、ステレオ、LCR、4.0、5.1 にフォーマットできます。モノはパスを1つ、ステレオはパスを2つ消費するという考え方です。144 系統のパス全てが完全なプロセッシングを実装しています。また、インサートエフェクトは自動的に割り振られる専用のプロセッシングによって処理されます。
L200 のアウトプットマトリックスは 4×32 の入力と24の出力を持っています。24 のマトリックスアウト全てに HPF と LPF、4バンド EQ、最大2秒のディレイ、そして独自のオールパスフィルターが装備されています。さらに内蔵のエフェクトや外部機器を接続できるインサートポイントが2系統装備されています。

L200 Local I/O

Convenience and Connectivity.

L200 は FOH としても モニター卓としても十分に対応できる入出力をコンソール背面に実装しています。 コントロールサーフェスの近くで使用する機器をステージボックスを使用することなく簡単に接続でき、FOH で求められるセットアップをシンプルに実現できます。また、SSL Live コンソールは自動認識機能を持っており、接続された I/O ユニットはすぐに認識され、ルーティングメニューに現れます。

L200 のローカルアナログ I/O は、12系統の Mic/Line 入力 (そのうち2つの入力はフロントパネルに実装されているトークバック入力と共用)、12系統のライン出力と4系統のヘッドフォン・モニター出力が装備され、AES デジタル I/O は入出力ともに SRC を搭載した4ペアの入力と4ペアの出力が装備されています。

さらに MADI は8ポート (同軸6ポート、光2ポート) 装備されていて、1ポートずつ個別に、あるいは2ポートずつリダンダントとして設定できます。 また FX ループとして別に 光 MADI が In と Out 1ポート用意され、Waves マルチトラックや VST エフェクターなどの外部の FX デバイスに専用の入出力として使用できます。 リダンダント1ペア 用意されている SSL の Blacklight II 光コネクターは、コンソールとステージとの間を 96kHz のサンプリングレートで 256 チャンネルの双方向通信を可能にします。 さらに Dante インターフェイスも搭載しており、96kHz のサンプリングレートで 32 × 32 の入出力をリダンダントコネクションとともに使用できます。 Dante インターフェイスは SRC を装備しており、全ての Dante ネットワークで使用されているサンプリングレートに対応します。 背面には他に MIDI、LTC、Wordclock、GPIO の各コネクターが実装されています。 また、電源は標準で二重化されています。

Four consoles one soul.

SSL Live コンソールは、L550、L350 、L200 、L100 の 4 つのモデルが用意されています。 SSL においては、コンパクトであることは、何らかの妥協や機能及び品質の減少を意味しません。もちろん品質にも違いはなくリモート I/O ユニットも共有でき、それぞれのモデルの違いは物理的な大きさと使用できるチャンネル処理数の制限、扱える I/O の数となります。全モデル共に洗練された使いやすいコンソールで SSL のサウンドを余すところなく提供します。

SSL Live コンソールシリーズには4つのモデルがあり、全く同一のプロセッシングコアやオーディオコンバーターを使用しており、同じリモート I/O を共有することも可能です。全てのモデルで同じフェーダーパネルを使用しています。マスタータイルとコントロールタイルは違ったレイアウトとなっていますが、同様の機能は同じ位置に配置されており混乱を招くことはありません。全モデルのコンソールで同じソフトウェアを使用しており、アーキテクチャーやプロセッシング、ルーティングに関して完全に互換が取れています。

 




Integrated L-ISA Control

SSL Live consoles bring you the power and creativity of L-ISA directly from the console surface. L-ISA technology brings together innovative loudspeaker configurations and object-based mixing and processing tools, breaking new ground for live touring, theatre and fixed installation events.

Our collaboration with L-ISA, offers tightly integrated control of L-ISA immersive loudspeaker systems from any of our Live consoles. L-ISA sources can be associated with mono or stereo console Channels or Stems, providing full control of L-ISA Pan, Distance, Width, Elevation and Aux Send level for each source, plus L-ISA Master level control.

Watch the SSL Live V4.11 overview video to find out more.

各モデルの違いは、物理的な大きさと使用できるチャンネル処理数の制限、扱える I/O の数となります。
詳しくは表をご覧ください。

Inventory which can scale with your production requirements has never been more important. Alterations in event location, artists technical requirements and the growing need to provide dedicated mixes for broadcast and OTT/streaming often present additional processing overheads on your mixing console. As part of the new SSL live V5.0 Software, Plus Processing Packs are available for L100, L200, L350 and L550 consoles, increasing the SSL Live consoles DSP in key areas, including: Input Channels, Stem Group, Auxes and Masters.





All new SSL Live consoles have Plus Packs pre-installed. Speak to your SSL Live representative about installing a Plus Pack on your L100, L200, L350 and L550 console inventory.

L200 - Documents

Software downloads for this product are delivered from within your 'My SSL' registered user profile, accessed via the link in the top right corner of this page. You will need to register if you want to access software updates.

SSL Live Brochure

Download

SSL Lifting the veil

Download

SSL Live App

Download

Related Media

Find a dealer

STAY CONNECTED

Keep updated

By submitting this form you agree to have your data processed in the method defined in the privacy policy.
            SSL UKから発信される最新情報をご希望の方は、ご登録ください。